ゲームでv6プラス効果ないという口コミは本当か比較した結果

役立ち記事

おかしい。1MBpsも出てない。ネット回線が遅すぎてダウンロードもゲームプレイもできない。それには理由があります。プロバイダ変えるべき?その答えを出しましょう。

ガイドおすすめ紹介比較
効果なし?業者の話は間違ってませんが、肝心なことが抜けてます。まずは利用者の口コミから、乗り換えていいのかくわしく説明しましょう


体験者の声評判

ゲームできない?ウソホント?

IPV4とIPV6との通信回線速度比較図

そもそも、フレッツ光や光コラボは混雑しすぎです。プロバイダは「NTTが悪い」。NTTは「プロバイダが悪い」と責任のなすり合い。

根本的な問題解決するなら、ネット回線を乗り換えることです。フレッツ光はプロバイダが原因で遅い。ドコモ光に乗り換えするとV6プラス対応で回線速度も改善する例があります。

今はもう「光ファイバーだからフレッツ」ではないのです。ゲームでストレスが溜まるなら、ネット回線を乗り換えるのが一番。

ゲームだとドコモ光で安定的に反応速度も速くなります。そもそも回線に余裕があるので、IPv6かどうかは関係がない。混んでいる道路を無理に走るよりも、空いている道路を走るほうがずっと速いでしょう。ドコモ光はもともとNTTの光で、SONYが自社で運営しているため余計な部分が出にくいのがメリットです。

ドコモ光はゲーム用としてもPing値は低い水準で、ヌルヌルとよく動いてびっくりするほどでした。

 

とり鳥モバイル
重くてイライラする!結局乗り換えたほうがいいのかな?
ガイドおすすめ紹介比較
遅いところでv6プラスにしても混むでしょう。東京の道路はどこでも混みやすいのと同じですよ。ナビとして混雑回避するのがプロバイダのお役目です。

プロバイダで通信方式が違う

ゲームユーザーとネット回線の図

「プロバイダを変えると通信が速くなる」。都市伝説のようなウワサ話です。プロバイダとはそもそも何をしているのでしょうか?

インターネットプロバイダ(ISP)とは通信方式や経路などを決めたりしています。今までの通信方式(PPPoE方式)を使っているものから、新しい通信方式(IPoE方式)に切り替えたりします。V6プラスのオプション契約したら、旧方式から新方式の通信に乗り換えになります。

あまり知られていませんが、プロバイダーはユーザーに通信規制をかけます。これが問題なのです。特定の個人にかける場合と、エリアやマンションなどと複数の人に制限をかける場合があります。具体的なことは何も伝えずに、通信制限をかけるため評判が悪いものです。

◆通信制限をかける理由の例
・極端に大容量の通信をしている
・P2Pの通信をしている
・違法ファイルを送受信している
・スパムなど迷惑行為をしている

いくらv6プラス、IPv6でもプロバイダから規制をかけられたら遅くなります。P2PといってもWinnyのようなファイル共有ソフトではないのです。スプラトゥーンなどの一部ゲームがP2P式です。これがプロバイダから「P2Pだから規制をかけるよ」と対応されると激遅になるのです。

通信制限をやるかはプロバイダによります。そのため、「プロバイダを変えると遅かったのが速くなる」という口コミが増えました。ウソではないですが、一部のプロバイダでネット回線の安定のために実施されているようです。

 

とり鳥モバイル
口コミだとBiglobeとかSo-netがどうなのか話題だよ
ガイドおすすめ紹介比較
有名プロバイダだと規制かけないと通信障害起きるんですよ。だからとばっちりみたいな被害も出ますね

契約を変える必要もある

v6プラスに必要なこと

  • 対応したプロバイダ
  • 対応したルーター
  • オプション契約申し込み
  • (必要なら)プロバイダ乗り換え
  • ゲームの対応状況確認
  • IP電話解約

OCN、ぷららではv6プラスにできません。同じフレッツ光でプロバイダを乗り換えるか、光コラボ系のドコモ光にするかです。ドコモ光の「転用」だと解約料が安くすんだり、最新型のルーターに買えられたりとお得感があります。

現在契約中のところでv6プラスに対応しているなら、追加で申込みできます。対応してないか、混雑がひどいところは乗り換えたほうが結局は良くなるでしょう

例えば、やりたいゲームが非対応だったら困ります。実際にまったくプレイできないということはなく、対応措置がとられますからv6でゲームできないという例は少ないものです。

 

とり鳥モバイル
電話一本じゃないの?有料無料?
ガイドおすすめ紹介比較
相手しだいなんですよ。だからプロバイダの対応とか速度が話題になるんです


遅さ重さ解決回線乗り換え
ランキング1位
ランキング2位
ランキング3位
ドコモ光
モバイルワイマックスおすすめニューロひかり固定ネット回線有名
月2,780~
5,200円
月2,170~
4,263円
月4,743
~7,124円
フレッツ光から
乗り換えお得
v6で混雑回避
キャッシュバック
賃貸向き
8日まで返品可
ネトゲサクサク
キャッシュバック
ゲーム動画
トップレベル高速
エリア拡大中
キャッシュバック

V6プラスに対応したルーターが必要

ルーターの種類と通信速度の図

買い換える必要はある?ドコモ光に乗り換えすると、最新型の対応ルーターも無料でもらえます。ルーターは普通に新品を購入すると1万円前後の費用がかかります。

つまり、断然乗り換えのほうがお得ということです。今までなら新規の契約をすると、余計な費用がたくさんかかりました。解約費や新機材の買い替えです。ルーターも新品買い替えになると出費が増えてしまいます。

ドコモ光に乗り換えすると、V6プラス対応ルーターに無料で交換できます。

メリット・デメリット

v6プラスメリット

  • 混雑回避になりやすい
  • ゲーム通信が安定しやすい
  • 古い方式も使える
  • いいとこ取りで使いやすい
  • 料金は無料が多い
  • VDSLでも速くなる

v6プラスデメリット

  • 乗り換えが必要
  • IP電話解約など条件あり
  • 固定IPが使えない
  • ↑マインクラフト等一部ゲームに影響
  • 実況プレイもやりにくい
  • IPv6で契約中だとv6プラスにできない
  • そもそもフレッツ系が遅い

そもそもv6プラスは「IPoE IPv4 over IPv6」です。古い方式と新しい方式を両方使えるのがメリットです。想像してみてください。混雑している道を回避しようとして、別のルートにたくさんの人が入ってきたら?

つまりv6プラスでも利用者が増え過ぎたら混雑して遅いのです。だから、フレッツ光系だと限界がきてしまう。

ゲームをする時間帯は夜が多いはずです。みんな同じ時間帯にネトゲや対戦プレイやチャットプレイするから、遅くなります。ドコモ光のように回線に余裕があると、遅くなりにくくて快適です。

ゲームでフレッツ系はいいの?

回線落ちの理由の図

フレッツ光<ドコモ光

ドコモ光はフレッツ系ですが、GMOとくとくBBのように安定したプロバイダもあります。GMOはユーザー満足度でも高いので、ゲーム用でも期待できます。

実際に導入した人の口コミにもあるように「v6プラスで混雑回避できて良くなった」という人がいます。ゲームというより、ネット回線そのものが空いていて速くなるから。ドコモ光が優良プロバイダになるのはわかりますね。

結局は自分の住んでいる地域が良いか悪いかです。それには理由があります。NTTでもプロバイダでも、エリアごとに対応するから、契約しているユーザーが多いところだったり、通信規制をかけられていると遅くなるのです。

リアルタイムのオンライン系で、アクションや格闘やFPSだとモロに影響を受けます。ラグるとか遅延が遅くて、フリーズしている。1秒2秒のプチフリーズ状態は、無線Wi-Fiの影響かもしれません。

結局はフレッツ光と光コラボは回線を分け合うから、みんな契約しているから遅いのです。v6プラスにしても、「渋滞回避したら、こっちの道も混んでたよ!」ということになりかねない。

 

とり鳥モバイル
どうしよう!他の回線がいいのかな?
ガイドおすすめ紹介比較
プロバイダ乗り換えだけだと、解約料が出ません(一部のぞく)。とりあえず変えてみてダメなら他のネット回線契約もアリですよ。ゲーマーなら道具と回線が命!

読んでおきたい記事リンク

おすすめはどこ?

V6プラスのおすすめプロバイダ

◆GMOとくとくBB

  • v6プラス対応
  • 高速のルーターが使える
  • 解約しなくていい
  • お得な割引ポイントも付く
  • ネットの大手会社

GMOとくとくBBは安いだけじゃない。高速化というテーマにこだわってます。ゲーマーだったら、安くて失敗はダメですね。普通は「混雑したから制限かける」。GMOとくとくBBは「一部のP2Pは制限」というくらい。

ゲームでもストレスフリーな最新型のルーターを使ってます。ビームフォーミングがあると繋がりやすいし、有線方式でも最大転送速度が速い機種を使ってます。

詳細は公式サイトで確認しましょう。

キャッシュバック!
混雑回避サクサク
↓WEB完結今すぐ↓