THE WiFi遅い理由 通信速度の例と口コミ評価

モバイルルーター

回線落ちやフリーズ多発。無制限と言っても、やっぱり通信制限があるんじゃないか?詳しく調べた結果、あることがわかりました。THE WiFiはWIMAXや光よりも遅い。実際の通信速度の例、口コミ評価などを紹介します。



THE WiFiの通信速度

項目THE WiFiWIMAXどんなときもWiFi
最高速度
150Mbps
1Gbps
150ms
上り平均速度
9Mbps
4Mbps
5Mbps
下り平均速度
9Mbps
35Mbps
10Mbps
平均Ping
50ms
69ms
75ms

 

◆東京都町田市でのテスト結果
アップロード 10Mbps
ダウンロード 3Mbps

◆東京都葛飾区でのテスト結果
アップロード 19Mbps
ダウンロード 7Mbps

◆神奈川県横浜市でのテスト結果
アップロード 13Mbps
ダウンロード 16Mbps

◆大阪府大阪市でのテスト結果
アップロード 0.1Mbps
ダウンロード 4Mbps

◆大阪柏原市でのテスト結果
アップロード 14Mbps
ダウンロード 23Mbps

◆埼玉県でのテスト結果
アップロード 1.3Mbps
ダウンロード 0.9Mbps

◆愛知県名古屋市でのテスト結果
アップロード 11Mbps
ダウンロード 40Mbps

◆和歌山県でのテスト結果
アップロード 0.6Mbps
ダウンロード 12Mbps

固定、モバイル回線比較一覧表
名称実勢速度平均速度Ping値
固定回線系
NURO光50~950Mbps約250Mbps10~50ms
auひかり5~400Mbps約200Mbps20~50ms
ドコモ光5~500Mbps約150Mbps20~50ms
フレッツ光系
(混雑)
1~10Mbps約1Mbps100~200ms
CATV10~100Mbps約100Mbps30~100ms
ADSL5~30Mbps約15Mbps50~100ms
Softbank
Air
3~50Mbps約20Mbps50~150ms
モバイル系
WIMAX5~100Mbps約30Mbps40~90ms
WIMAX
(高速化済)
50~300Mbps約50Mbps30~50ms
どんなときも
Wi-Fi
10~30Mbps約20Mbps50~100ms
格安SIM5~40Mbps約20Mbps60~100ms

※5G、10Gプランはのぞく
※ADSLはサービス終了予定

◆Ping値とは
応答速度のこと!
20ms以下=速い
20~50ms=やや速い
50~100ms=やや遅い

口コミの例

体験談評価口コミ
THE WiFiは速度制限なしということですが、実際大容量通信すると遅くなりますよ。違法ファイルじゃないけど、P2Pとかファイルサイズが多いと遅くなる
体験談評価口コミ
どんなときもWi-FiとかクラウドSIM系は改悪が進んでる。2020年は遅いしつながらない。THE WiFiも同じようなサービスで端末も同じだから
体験談評価口コミ
サポートも制限のことは何も言わない。設定変更してもまったく効果なし。通信制限ですよ。やり直しても無駄だと機種変更乗り換えしようか迷ってる
体験談評価口コミ
2ch、5chで5GB制限があるんじゃないかとウワサされてますね。多くの人が言ってるから本当かもしれない。
体験談評価口コミ
朝9時になると回復するとか?どんなときもWi-Fiも同じような制限中。うちのエリアの回線経路が混んでるのか、ユーザー数が多いとか
体験談評価口コミ
2020年までは10~20Mbpsくらいで遅くはなかったですね。契約数が増えてるとか。THE WiFiはユーザー多くないけど、似たようなクラウドSIMが多いから通信が重いかもしれない

THE Wi-Fiを早くする方法とは?

THE WiFi早くする方法

  • 他の回線に乗り換え
  • 通信する場所を変える
  • 通信時間帯を変える
  • 夜間は避ける
  • ルーターを再起動
  • ルーターとPC、スマホを近づける
  • Wi-Fi中継機を使う
  • DNS設定変更

THE WiFiの運営元がトラブルが出てたりすると、設定変更では解決できません。自分ではどうしようもない。どうにもできないなら、ネット回線じたいを他にすれば解決です。

プロバイダ側、クラウドSIMの運営元などといくつか原因が考えられます。THE WiFiは新しいサービスなので安定感がないのです。

ドコモ光だと混雑回避や高速な最新ルーターがもらえる。やっぱり固定回線が早い!ドコモ光は平均50~300Mbpsは出るので自宅専用におすすめです。

 

とり鳥モバイル
いろいろ試したけどダメだね。効果がないよ
ガイドおすすめ紹介比較
THE WiFiはもともと低速ですよ。更に遅くなってる。WIMAXドコモ光で決まりですね

読んでおきたい記事リンク

遅い理由

THE WiFiが遅い理由

  • サービス事業者のトラブル
  • 自分の地域が混雑
  • もともとサービスエリア外
  • 特定エリアだけ遅い
  • 端末のスペック低い

THE WiFiは実際には最高で50Mbps前後です。遅くなると0.1Mbpsもある。これだとネットも見られないし、メールやLINEも遅くなってしまう。

解決したいなら通信乗り換えです。

端末のスペックが低い

THE WiFiの端末U2s

THE WiFiは端末が一種類。このU2sは最大でも150Mbpsしか出ないのです。WIMAXだと1Gbpsだから10分の1以下ですね。実行速度でも影響してきます。THE WiFiで50Mbps以上出たという人はほとんどいない。

THE WiFiは無制限が特徴でした。しかし実際は「上限はあるけど、実際には上限までいかないはずだから無制限」という意味だったのです。

その上限が1日5GBです。まさか1日で5GBも通信しないと、運営元や提供事業者は思っていたわけです。無制限に近いくらい大容量通信ができる。それをTHE WiFiでは無制限で使い放題と言ってしまっているから問題なのです。

クラウドSIMはもともと遅い

クラウドSIMサービスのメリットは、国内海外でも使えることと、通信容量を多く使えることです。でもスマホの回線やWIMAXよりは遅い。スマホの回線でも実測で10~50Mbpsは出ます。高速なスマホだと100~300Mbps。

THE WiFiはそれよりも遅いことがわかります。例えば光回線で最高1Gbpsでも実測では500~700Mbpsが上限。つまり、理論上の最高速度より早いことは絶対にないのです。

だからTHE WiFiの最高速度は150Mbps。実際はもっと遅いことはわかっています。WIMAXでも最高1Gbpsで実測では10分の1以下。THE WiFiが10Mbps以下になっても不思議ではないのです。

特定の地域が遅い

ネットワークはいくつか経路を通ります。例えば、道路を思い浮かべてください。特定の道路が混んでいたり、止まってしまうと迂回しないといけなくなる。

モバイルルーターでも、地域限定で遅かったり通信障害が出ることがあります。THE WiFiが悪いかというと、エリア全体で遅かったり一部のマンションや建物が遅いということもあるのです。

例えば大阪が遅い。九州地区や関西地区では通信の不満も多いのです。それには根拠があって、多くのユーザーの意見やトラブル事例があったからです。

無線のモバイルルーターの限界

モバイルルーター図

自宅にケーブルを引いてくる回線だと、最高速度に近い通信速度が出せます。モバイルルーターやスマートフォンの通信では10分の1以下になることも多いのです。

THE WiFiはもともと無線なので、通信の損失やロスなども出てきます。不安定で早かったり遅かったり。無線は電波状況しだい。口コミでも1Mbps以下という意見がたくさんありました。

これが光回線になると安定しやすいものです。遅かったとしても10~100Mbps。これならWEB閲覧や動画やゲームもじゅうぶんできますね。

→おすすめはドコモ光

まとめ

THE WiFiは通信速度よりも縛り無しが特徴です。3日間10GB制限がないということでしたが、1日5GB制限があるとも言われています。公式発表では1日5GB制限はないと言いますが、本当に無制限かはわからないのです。

無線のモバイルルーターよりは固定の光回線が速い。自宅でしかネットしない。賃貸でもすでに光回線が引いてあることも。遅いストレスよりは、速くて安定的な光!

ドコモ光は工事がいらなくて、共同住宅でも使えるところが多いものです。モバイルルーターは遅いのでひかりにすると高速になります。