google-site-verification=UIVmsQH4E1dXV6awcNP8mSEqf4gfRySGpi5sF_OugXc

解決!PS4回線落ちの原因と対処法 実は意外なこんなことが

役立ち記事
ガイドおすすめ紹介比較
調べ尽くしてまとめた完全版です。これで解決できなかったら、そもそもネット回線じたいを替えたほうがいいことも。一覧からこれだ!と思う原因を探しましょう
ネトゲソシャゲで快適
今より安くて高速回線。騙されないで!
おすすめ比較結果はこちら

著者紹介 Yuki
インターネット歴20年以上。固定回線からモバイルまで使ってきた。一人暮らしのゲーマーでどれがいいか研究して解説中

電子レンジが多い

電子レンジでPS4回線落ち

親や家族がいる人ならこれ!電子レンジを使うと回線落ち。無線Wi-Fiを使用している人、スマホでテザリングしている人に多いものです。

電子レンジは強力な電波を放出するので、無線がつながりにくくなります。他にも影響は小さいですが、コードレスの電化製品も電波混信することがあります。

自分の家では使ってない。賃貸アパートの隣の部屋だったり。離れた部屋でも強力な電波を出すと、ゲーム機の通信にもエラーが出やすくなります。

 

解決法は?

Wi-Fiの周波数を「5Ghz」にする。ルーターとPS4本体の置き場所を見直して、あいだに障害物や電子レンジが入らないようにする。

 

回線じたいがトラブル

PS4の回線落ちの原因と解決法図

PS4本体に何もトラブルはない。電子レンジも使ってない。有線接続でバッチリベスト環境を作っている。

それなのに回線落ちするのは回線事業者やプロバイダの問題。

回線の安定度比較一覧表
種類回線の安定度回線落ち
フレッツ光系
やや悪い
起こりやすい
NURO光
良い(地域による)
起こりにくい
au光
やや良い
起こりにくい
WIMAX
悪い
起こりやすい
ポケットWi-Fi系
悪い
起こりやすい
スマホ
特に悪い
起こりやすい
CATV
業者による
業者による

夜にプレイするとラグや遅延が多い。フリーズしたり回線落ちしてセーブもできない。それはフレッツ光系の混雑が原因です。

プロバイダも速度制限したりと苦しい対処。そうなると、対戦ゲームも遅くなってPing値も100以上ということも。混雑していると何をしても解決しないで不満ばかりで回線弱者に。

NTTやプロバイダもわかっていても対処ができない。だからサポートに電話してもムダです。対処法は他の高速回線に乗り換えること。

ネット申し込みだとキャンペーンや月額料割引などお得です。

 

解決法は?

最大2GbpsNURO光にする。フレッツ光系ならv6プラスにしてみる方法もある

 

ネット回線乗り換え比較
迷ったらこれで解決!
夜でも快適おすすめこちら
速さ
バランス
かんたんさ
ニューロひかり固定ネット回線有名NTTフレッツドコモ光人気モバイルワイマックスおすすめ
月4,743
~7,124円
月2,780~
5,200円
月2,170~
4,263円
ゲーム動画
トップレベル高速
エリア拡大中
キャッシュバック
フレッツ光から
乗り換えお得
v6で混雑回避
キャッシュバック
一人暮らし
賃貸は絶対コレ
手軽でらくらく
キャッシュバック

同時使用が多い

同時使用が多いと回線落ちの図

パソコンで動画みたり、ダウンロードしながらPS4でレベル上げ。「ながら」プレイだと回線落ちもしやすくなります。

家族が同時に使っていると、ネット通信の量も増えてきます。ルーターも処理しきれなくなってビジー。ひどくなると回線落ちしてしまうということです。

同時に使っていなくても、例えば任天堂SwitchとスマホとPS4とPSVITAなど複数でWi-Fi設定をしていると遅くなる。電源を入れたままになっていると不安定なのです。

Wi-Fi接続している機器を近づけると、通信も遅くなったり電波の影響を受けます。干渉して通信速度が遅くなり、最悪の場合は回線落ちというわけです。

自分ひとりだけの回線を持っていると、家族の影響を受けにくいものです。WIMAXは一人で使うにはらくらくで、工事不要でかんたん数日で使えるようになります。

 

解決法は?

同時にネット接続しないようにする。使っていない機器の電源を落とす。Wi-Fi接続機器を離して使う。Wi-Fi中継機を使う。

 

無線Wi-Fiの置き場所

無線Wi-Fiの置き場所図

上の写真では、ホームゲートウェイ(ONU、ルーター)とPS4本体との位置関係を示しています。近いところにゲーム機とルーターを置くと回線落ちしにくい。

離れた部屋に置くと回線落ちしやすい。PS4本体のスピードテストをしてみて、どのくらいの速度が出ているか確認しましょう。無線電波は近いほど高速通信できて、遠いほど遅くなります。

ドアや壁やその他の物が置いてあると、電波受信環境が悪くなります。それがひどくなると回線落ちというわけです。ネット回線の中でも、つながりやすくて速度規制にかかりにくいところと、かからないところがあります。

スマホは特に回線落ちしやすいものです。NURO光au光のような固定回線がゲームにおすすめ。スマホのパケット節約にもなります。

 

解決法は?

PS4本体とルーターを近づける。無線周波数を5Ghzにしてみる。有線LAN接続する。ポケットWi-Fi系なら端末を窓際の高いところに設置。

 

PS4の設定

PS4のDNSネットワーク設定の図

プレステじたいにトラブルがあったら、通信にも影響が。特に多いのが「DNS設定」。DNSは認証のところで、夜間に渋滞が起きやすいポイントです。

回線落ちは自分の都合だけでなく、通信相手のサーバーも影響してきます。DNSはよくそこで詰まるというポイントで、他に手動で変更すると解決する例もあります。

DNSと回線落ちの図

渋滞するポイントがDNS。そこを他に変えると良くなる。スピードアップになったり、対戦ゲームのPing値改善にもつながります。

GoogleのDNSが高速でセキュリティも高いと評判です。しかし手動設定にしていて不具合が出ることもあります。例えばPS4じたいのファームウェアアップデートなどです。エラーコード(NW-31175-7等)が出ることも。

DNSで止まるのはフレッツ光系NURO光au光などは設定しなくても爆速という評判です。

>>PS4のDNS設定こちら

 

DNSの解決法は?

PS4本体の設定画面からDNS手動設定「8.8.8.8」「8.8.4.4」にする。他のDNSを入力する。GoogleのDNSに変更する。ほかMTU設定もカスタマイズ。

プライマリーDNSに「8.8.8.8」。セカンダリDNSに「8.8.4.4」です。MTU設定は自動でOKです。遅いときには数値を変更します。

 

 

読んでおきたい記事リンク

対戦相手P2P

対戦相手の回線落ちや通信障害

自分は悪くない!

対戦タイプのネットワークゲームは、相手が通信障害や切断されると止まってしまいます。相手がスマホテザリングしていたり、同じように無線Wi-Fiで電子レンジなど障害発生すると回線落ちです。

ゲームの種類によっては運営元のサーバーを仲介して通信しています。これは運営元サーバーがビジーで混雑したり障害が発生すると止まるのです。鯖と呼ばれて大事なポイントです。

サーバーがビジーで接続できない

スマブラやスプラトゥーンやストリートファイターなどはP2Pで、1対1で通信してます。マッチングをゲームの運営元がしているのです。P2Pタイプのゲームではダイレクトに相手の通信環境が出てきます。

海外ユーザーと対戦すると遅い。これも距離が離れるほど応答速度(Ping値)が悪くなります。できるだけ距離が近い相手と通信すると快適プレイ。ドイツやアメリカなど海外ユーザーだとPing値は高くなっているはずです。

他にも、相手が故意に意図的に切断することも。マナー違反で、負けそうになったからと回線を自分から切断したり。マッチングが悪いと回線落ちのような症状が出ます。

 

解決法は?

マッチングできるルーター。ゲーミングルーターに買い替え。国内ユーザーと対戦。自分で対戦相手を選ぶ。深夜早朝にプレイ。

 

ルーター

ルーターと回線落ちの図

同時使用が多い。同時接続台数が多いヘビーユーザー。そんな人はルーター買い替えが解決になることも

回線落ちの理由に「ルーターが低スペックだから」ということがあります。ルーターもCPUやメモリなどがあり、性能が低いと処理性能も落ちます。

ほかにルーターゲーム機やオプションなどに対応していないことがあるのです。PS4に正式対応している機種が一番良いです。正式発表がなくても使えますが、相性問題のようなトラブルが起きることもあります。

同時接続台数が5台以上と増えるほどルーターは忙しくなります。これで家族がみんな使い始めると回線落ちの原因に。

そもそもネット回線が遅いのに、ルーターを替えても良くならない。体験者でも評価が分かれます。混雑回避のv6プラス対応ルーターで通信は安定するでしょうか?

ルーター交換の効果はこちら

 

解決法は?

最新機種に買い替え。ゲーミングルーターにする。ルーターよりもネット回線乗り換え

 

有線接続

有線接続LANケーブルで改善

無線だとどうしても回線落ちや速度が出ない。スマホで高速ブロードバンドといっても、無線電波のため受信環境が出ます。天気が悪くて台風などは電波障害も起きやすい。

光ファイバー(FTTH)でも無線Wi-Fi接続すると同じです。電子レンジや他の無線コードレス機器の影響を受けます。使う周波数帯が同じようなもので、干渉するから不安定になるのです。

有線LANケーブルは5m、10m以上の長さもあります。PS4にもイーサネットのLANポートが標準装備されているため、そのままケーブルをつなぐだけ。よけいな設定は必要ナシです。

FPSでPUBGのようなコンマ1秒でも速くしたいゲーム。有線接続にするだけで回線が安定してきます。通信速度も50Mbpsだったのが70Mbpsなど速度改善になる例もあります。電波環境が悪いときは何倍ものスピードアップすることも。

回線が落ちるのは無線電波の不安定さです。リアルタイムでラグが許されないタイプだと、LANケーブルほかUSB接続などがあります。

 

解決法は?

配線を工夫して有線接続。長いLANケーブルを買う。PS4本体の置き場所を変える。スマホでUSBテザリング

 

本体じたいが不安定

PS4本体の電源をオンにしたまま放置している。システムソフトウェアアップデートしてない。そうするとPS4が不安定になり、エラーが起きるようになります。

通信回線にも影響してきて、ラグや遅延が起きることも。PS4でネットしていて、ウィルスやマルウェアなどに感染すると動作がおかしくなります。何もしていなくても余計な通信をしていることも。

他にはPS4本体が熱を持ちすぎると「熱暴走」します。直射日光や暖房の近くなどで熱くなるとカクカクしたりプチフリーズ。回線落ちという例もあります。

パソコンと同じです。冷却やメンテナンスをしていないとトラブル原因になります。改造したり、叩いたりと衝撃を与えることでも故障原因に。PS4搭載のHDDは衝撃に弱いため、落としたり物をぶつけると壊れます。

 

解決法は?

定期的にアップデート。本体を再起動。温度上昇しないような置き場所。空きHDD搭載量を増やす

 

エラーコードで解決

自宅からネット回線の流れ図

PS4のエラーコードで原因がわかります。一部だけなので、これだけですべて解決はしないでしょう。

◆CE-32809-2
ゲームをダウンロードしている間に通信エラーが起きて失敗した時。

◆SU-30625-6
システムソフトウェアのアップデート失敗した時。

◆CE-30005-8
HDDのアクセスに失敗した時。

◆NW-31253-4
DNSサーバーの応答がない時。

◆NW-31246-6
DNSが間違っている時

◆PS4 SONYへのリンク
公式エラーコードA-M

公式エラーコードN-Z

 

とり鳥モバイル
そんなことも!?いろいろな原因があるね。
ガイドおすすめ紹介比較
回線落ちの一番の原因は「回線そのもの」ということも多いです。プロバイダで変わるというのは本当。比較して乗り換えすると良くなる人もいますね
タイトルとURLをコピーしました