google-site-verification=UIVmsQH4E1dXV6awcNP8mSEqf4gfRySGpi5sF_OugXc

PCゲーム遅い悩み解決する方法一覧 重いのはどこが悪い?

役立ち記事

フリーズ頻発。強制終了したり、ブルースクリーンがでてしまう。PCゲームはもっともっと快適にプレイできる!解決法を紹介します。

 

ガイドおすすめ紹介比較
ヌルヌル滑らかで高画質にするためにはいくつか解決策があるんですよ。どうしても解決しないなら、「ネット回線」じたいの問題かもしれません。

ゲームのタイムラグの解説図
オンラインゲーム遅延の図

ネトゲソシャゲで快適
今より安くて高速回線。騙されないで!
おすすめ比較結果はこちら

著者紹介 Yuki
インターネット歴20年以上。固定回線からモバイルまで使ってきた。一人暮らしのゲーマーでどれがいいか研究して解説中

他のアプリを閉じる

アプリケーション複数起動重い

ゲームを複数インストールすると遅い。YahooゲームやStreamからモンハンにドラクエ・・・。大量に入れすぎると重くて不安定になります。最悪ブルースクリーンでOS再インストールやセーフモード起動。

現在使っているアプリ。いらないものを起動しないようにしましょう。「プログラムのアンインストール」で削除するか、ゲームごとのアンインストーラーを起動して削除します。

プログラムのアンインストール

ウィンドウズマークをクリック。「設定」から「プログラムのアンインストール」で不要なアプリを削除できます。ただ、使っていなくても削除してはいけないアプリもあるため、不要なアプリのみをアンインストールしましょう。

現在起動中で、いらないアプリを終了するには「タスクマネージャー」から変更できます。

Windows10ならウィンドウズアイコンを右クリック⇒「タスクマネージャー」です。CPU使用率やメモリ使用率、GPU使用率やネットワークの送受信などもわかります。

タスクマネージャーのタスクの終了

ここの例では「弥生メッセージセンター」というアプリが常時起動中で、使用しないアプリケーションです。使用メモリやCPU資料率が低いため影響は小さいですが、終了させると高速化につながります。

解決したら重複起動やインストールしすぎてトラブルがある。解決しないなら、ネット回線の速度や安定かもしれません。

ネット回線が一番の原因

PCゲームネット回線乗り換えの図

フリーズはPCの問題。回線落ちや通信ラグが多いのはネットワーク回線の問題。

PCゲームでリアルタイムオンラインなら、ネット回線を変えるのが一番効果があります

 

NURO光

NURO光So-net

NURO光
NURO光のルーター端末
総合評価
★★★★☆
安さ
★★★☆☆
対応エリア
★★☆☆☆
ゲーム向き
★★★★★
月額利用料 4,743~7,124円
NURO光はゲームでもトップレベル。高画質動画でもサクサク見られて、余裕の2Gbps。ネトゲで通信を気にしないし、混雑やラグは出にくいという評判。もし開通できたらラッキーな回線強者の仲間入りです

 

とり鳥モバイル
FPSや格闘ゲームならNURO光がいいそうだね
ガイドおすすめ紹介比較
アクションだとコンマ1秒でも勝敗が分かれます。NURO光はゲームで勝ちたい人におすすめします。高画質動画もサクサク使い放題ですね

 

ニューロ光パケ死しないネトゲおすすめ↓WEB限定特典つき↓
NURO 光

 

auひかり

au光の総合評価レビュー

au光
au光のONUホームゲートウェイ
総合評価
★★★☆☆
安さ
★☆☆☆☆
対応エリア
★★☆☆☆
ゲーム向き
★★★★★
月額利用料 5,600~6,800円
auひかりはNURO光に次ぐ高速回線。開通できるエリアが限られますが、平均速度が速くて夜にも混雑しにくい。ゲームや動画を快適にするのにおすすめです。「料金よりもモアスピード!」というガチなヘビーユーザー向きです。

 

とり鳥モバイル
PCゲーで遅いのが治るの?
ガイドおすすめ紹介比較
乗り換えして速くなったという人がたくさんいます。オンライン系には回線乗り換えが一番。他のことで解決しない最終手段です

設定変更2D・3D

Windowsの2D3D設定起動

パソコン、タブレットにはグラフィックの設定があります。詳細なカスタマイズするタイプと「省電力」「パフォーマンス」などのかんたんな設定変更するタイプがあります。

グラフィック設定起動した例

グラフィック設定の様子解説

初心者でもかんたんな設定変更でカスタマイズができます。ノートPCやタブレットは「省電力」。デスクトップPCは「パフォーマンス」重視です。高機能なグラフィックボードだと、レンダリングやテクスチャなど詳細な設定変更もできます。

ゲームソフトじたいの設定項目もあります。一般的にフレームレート(fps)を上げると、ハイスペックが求められるので、フレームレートを下げると速くなることも。

解像度の設定で遅くなります。解像度を低い数値にすることで高速化になります。安いビデオカードや、マザーボードにチップセットされたタイプは解像度を低くすると良いでしょう。

レンダリング処理でオプションを無効にしたり、2D・3D設定を低スペック対応にすることで遅かったのが速くなる。「オン」になっている項目を「オフ」にするだけでも高速化できます。見た目がカクカクしてきれいに見えませんが、プロゲーマーのように「勝ちたい!」というならオフにするほうがよいでしょう。

設定変更はパソコンを不安定にさせることもあります。。最悪の場合はブルースクリーンやフリーズです。ネット回線乗り換えをするほうがずっと効果的。

HDDは遅い

HDDとPCゲームの速度の関係図

 

PCゲームはスペックが大事。あと半分はネット回線の比較で決まります。高性能なグラフィックボードやCPU、メモリ。ネットワークの安定やポテンシャルです。

実はハードディスクが遅くて足を引っ張っていることも。PCは常時HDDが動いていて、不意にWindowsアップデートをバックグラウンドで開始されたら激遅で回線落ちやフリーズしてしまう。

HDDからSSDに変えると速くなる。読み込みや書き込み速度が速くて、衝撃にも強い。PCがビジーになって固まっているのはHDDが遅いからです。

ただし変化はごくわずかだったりします。プチフリーズや数秒間停止するのはHDDのリードライトが原因ということも。一番の問題はネット回線の安定です。

ネット回線乗り換え比較
迷ったらこれで解決!
夜でも快適おすすめこちら
速さ
バランス
かんたんさ
ニューロひかり固定ネット回線有名NTTフレッツドコモ光人気モバイルワイマックスおすすめ
月4,743
~7,124円
月2,780~
5,200円
月2,170~
4,263円
ゲーム動画
トップレベル高速
エリア拡大中
キャッシュバック
フレッツ光から
乗り換えお得
v6で混雑回避
キャッシュバック
一人暮らし
賃貸は絶対コレ
手軽でらくらく
キャッシュバック

スペック不足

ゲームのパッケージ、公式サイトに「推奨環境」があります。

ジャンル別通信スペック比較一覧表
種類推奨通信速度
(Mbps)
推奨Ping値
(ms)
RPG系
1~50
50~100
FPS系
1~30
10~20
格闘系
1~30
5~20
アクション系
1~30
10~50
スマホアプリ系
1~50
50~100

※ゲーム中の通信量は少ない
※ダウンロード速度でも通信規制が問題

格安BTOパソコンのCPU性能

安いノートPCのCPUスペックパフォーマンス

上は4K動画再生時のCPU使用率です。デュアルコアやオンボードではない、専用のビデオカードがないとCPU負荷がかかって重い感じになります。

PCゲームが遅いのはスペックが低すぎるから。ゲームごとに「必要最低環境」と「推奨環境」があります。「必要環境」は最低限プレイができるくらいの性能で、快適性はやや低くくて遅いこともあります。

「推奨環境」ではじゅうぶんに性能を発揮できます。これで遅いならネット回線の問題があるでしょう。

 

PCゲームが遅い理由

  • CPUの周波数(GMHz)
  • CPUのコア数
  • グラフィックカードのメモリ量
  • グラフィックカードの種類
  • PCの搭載メモリ種類
  • メモリの量
  • HDD、SSDの空き容量

これらの数値が低いと重いです。CPUだけだと、描画処理性能が低い。グラフィックカードも高性能で搭載メモリ量が多いほど快適でフリーズしにくくなります。ディスク空き容量が足りないと、OSが不安定になります。

 

ゲーム中のCPUやメモリ

タスクマネージャーのCPUメモリ使用量

メモリが4GB以下だとプチフリーズしたり動作がモッサリと重い。ディスクの空き容量が足りてない、デフラグしているとパソコン全体が遅くなります。

動作が重くなるのは性能の低さ。遅いのはネットワークが混雑したりプロバイダなどがあるからです。

 

とり鳥モバイル
スペックは足りてても遅いよ!
ガイドおすすめ紹介比較
ネトゲだから回線が良いか悪いか。これからはNURO光au光の時代ですよ

ベンチマークテスト

筆者のノートPC結果

ベンチマークテスト結果

GeForceなどはスコア10,000を超えます。格安PCやビジネスノート、激安BTOパソコンはゲームに向いていません。3D、2D描画処理性能が高いと高得点を出せます。

無料WEBベンチマーク

「AS SSD Benchmark」のようなインストール不要のフリーソフトもあります。

ベンチマークソフトはふつうインストールタイプです。アプリが増えるのでおすすめしません。記録容量が多い人、テストして自分のPCのスペックがどのくらいか知りたい人向けです。

無料のゲーム体験版でベンチマークできます。FF15などは約3.7GBで、時間もかかります。これ自体が重いので、PCゲームが遅くなるリスクもあります。

FF15のベンチマーク

ゲーミングPC

ゲーミングPCBTO

PCゲームが遅いなら、PCじたいを買い換えることで解決することも。今まで低画質、低解像度だったのが、ワイドな高画質、高解像度で楽しめる。

ゲーミングPCは「BTOパソコン」がおすすめ。BTOは受注生産で自分で好きなパーツを選べる。自作PCに近いですが、メーカーが製品や組み上げ作業をするので安全です。

高性能で高いと思いますが、ゲーミングPCのBTOは8万円から40万円とピンキリ。格安ゲーミングPCもあります。これもBTOだから安くできる。

デルの「Alienware」、ドスパラの「GALLERIA」、マウスコンピューター「G-Tune」、ツクモ「G-GEAR」が有名です。

メーカー製だと余計なオプションやプリインストールソフトが多すぎて高くなる。このいらないソフトでPCゲームも遅くなってしまいます。

BTOはいらないソフトが入っていない。筆者が使っているPCもBTOでミドルクラスなのに割安で買うことができています。たったの6万円で、ワンクラス上のスペックが手に入る。

「G-TUNE」はドラクエ10推奨スペックやプロゲーマーモデルが魅力。はじめから推奨設定がされているのでらくらく。

 

 

とり鳥モバイル
効果ある?高いんでしょ?速くなるかな
ガイドおすすめ紹介比較
ゲーム専用は迷わないのがいいですね。私も自作して失敗しました。BTOはメーカーの推奨パーツで、相性問題とか故障トラブルが起きにくいものです。動作確認してますよ

 

読んでおきたい記事リンク

ゲーミングルーター

ゲーミングルーターPC用おすすめ

ネットワークが混んでる?上り、下りの速度が1Mbpsしか出てないなら、ルーターの交換やゲーミングルーターという解決策もあります。

口コミ評価でも「効果が出なかった」「すごく速くなった」と真っ二つ。ルーターはv6プラス対応か、ゲーム機に正式対応している機種がおすすめです。

ゲーミングルーターはオンライン系ゲーム専用。ASUSやNETGEARなどがあり、価格が5,000円から高いものだと5万円以上のモデルもあります。

PCゲームで、PUBGのようなFPSだとルーター性能も問われます。ストリートファイターでも同じで、わずかでも高速環境のほうが有利だから。PSOやドラクエ10のようなMMORPGはルーターよりネット回線が大事。

ゲーム専用といっても、速度が遅いままということも。通信回線が混んでいるのに、ルーターを交換して効果が出るでしょうか?それならフレッツ光WIMAX乗り換えしたほうがスピードアップになるという人もいます。

自作PCは遅い?

パーツを選んでカスタマイズ。お金や時間をかけて苦労して作り上げた「マイPC」でもトラブルが多かったり、すぐに故障しませんか?

自作PCでゲームをするとブルースクリーンが多くなる。安くしようとすると低スペックで遅くなる。相性問題でフリーズ。重くなるのはケチったパーツのせいかもしれません。

筆者がカスタムPCブームのときに造ったとき、電源が壊れて何度も買い替え。高価なパーツを買うには相性問題が怖いので、ミドルレンジのパーツを買ってました。それだとPCゲームの推奨スペックにならないので動作が重い・・・。

そうです。遅いのはパーツ代をケチるから。高性能なグラボに、たっぷりのメモリ、爆速CPUでお金が。ハイエンドクラスでPCゲームを速くするなら誰でもできます。

今は自作ブームはなくなって、BTOパソコンやスマートフォンやタブレットが人気です。BTOのノートパソコン、安く買えてソーシャルゲームもできちゃう。YahooゲームやDMMゲームくらいだとBTOの10万円でも十分だったりします。

PCゲームの推奨スペックは高めです。ただソシャゲのような2Dタイプやグラフィックが派手でないタイトルになると、低スペックでも重くない。サクサク動くなら自作は必要ないのです。

 

とり鳥モバイル
重い理由が自作だって言うの?
ガイドおすすめ紹介比較
自分でパーツを選ぶと規格があってなかったり、相性問題や故障も増えるんですよ。意外なところに遅い理由があったり。HDDとかマザーボードとか。

その他

遠いと遅くなる

特にPing値が遅くなります。日本国内のユーザーと対戦するより、海外が遅い。ゲーミングルーターはマッチングで拒否するような機能もあります。

 

同じエリアのユーザー

同じ地域にヘビーユーザーがP2Pで大容量通信すると遅くなります。ネットワークを専有するからです。時間帯をずらすと解決します。

 

プロバイダの規制

ISP(プロバイダ)は特定のユーザーかエリアで通信規制をかけることがあります。特にP2Pのファイル共有ソフトを対象としていて、自分は使っていなくても他のユーザーが使うと規制がかかることも。

 

他の通信

親や家族が同時に通信していたら、ラグや遅延や回線落ちが出ることも。同時に使用していると、輻輳といって回線パンク状態になったり、プチフリーズして通信が止まることもあります。

 

DNS設定

リアルタイムなオンラインPCゲームだとネットワーク設定がポイント。夜間の混雑期だとDNS認証でフリーズしていることも。DNS手動にしてラグや遅延が少なくなって速くなったという例もあります。PS4のDNS設定例こちら

 

アップデート

PCのデバイスドライバをアップデートすると速くなる例もあります。古いPCだと特に影響が大きい。

 

ゲームモード

WINDOWS10には専用のゲームモードがあります。「Windowsロゴキー+G」で起動できます。パフォーマンス改善はごくわずかです。

タイトルとURLをコピーしました