google-site-verification=UIVmsQH4E1dXV6awcNP8mSEqf4gfRySGpi5sF_OugXc

PCゲーム回線重いの解決!速度の目安と通信量どのくらい?

役立ち記事

ノートPCやタブレットでなぜ重い?PCゲームでは独特のトラブルが出てきます。プレステ・スイッチ買うべき?それよりもまずはこの解決法をまずは試してみよう。

 

ガイドおすすめ紹介比較
実はこんなことが原因だった。サクサク動かして快適ネトゲやりたい放題にするには?
ネトゲソシャゲで快適
今より安くて高速回線。騙されないで!
おすすめ比較結果はこちら

著者紹介 Yuki
インターネット歴20年以上。固定回線からモバイルまで使ってきた。一人暮らしのゲーマーでどれがいいか研究して解説中

PC版は通信量が多い

パソコンゲームでは初回ダウンロードのときに通信量が多くなります。初回だけで1GB以上。

これは低速回線だと5時間以上かかってしまう。

PCゲームソフト別通信量一覧表
ソフト名通信量
1時間あたり
おすすめ回線
フォートナイト
50MB
FF14
250MB
ドラクエ10
250MB
マインクラフト
120MB
PUBG
40MB
荒野行動
150MB
モンハンワールド
250MB
LoL
80MB
PSO2
20MB
ラグナロク
100MB
メイプル
ストーリー
10~100MB
グランブルー
ファンタジー
50~100MB

※通信量は目安です 使用環境により変わります

初回プレイ時が終わってからも、通常プレイ時でも通信量は意外と多いものです。例えばスマートフォンテザリングしていると、すぐに通信制限になってしまう。

スマホの通信制限は128kbps。これだとほとんどのPCゲームでカクつきがでてしまう。推奨環境はブロードバンドの1~10Mbps以上が必須。

スマートフォンだと回線落ちしやすい。マルチプレイするとフレンドから嫌がられてブロックされたり。

FF14では、ひどく回線落ちするとペナルティが出てしまうほど。監獄に入れられてお説教です。

通信量が多いなら、NURO光のような定額使い放題の回線がおすすめ。賃貸なら制限なしのどんなときもWi-Fi

 

通信量を減らす方法

ソフトの設定項目変更。画質設定を軽量に。バックグラウンドでの通信をオフ。オプション項目をオフ。制限なしの通信回線契約。

ゲーム機版との違い

スマホテザリングの通信量解説図

例えばグラブルではスマホアプリ版、PCゲーム(ブラウザゲーム)版があります。

通信量が多いのはPCゲーム版。理由は解像度が高くて、グラフィックで重たくなっているからです。スマホや任天堂Switchの小さい画面だとファイルサイズが少ない。PCの高解像度大画面だとファイルサイズが大きい。

ドラクエやFFのように、PS4版とPC版とで分かれているゲームでもPC版のほうが重くなります。もちろん設定項目を変更すれば、通信量を節約したり回線落ちしにくくすることもできるでしょう。

自宅で固定回線を契約していない。パケット量が気になる。ゲームプレイもガマンしている・・・。

今だとモバイルルーターでパケット気にせず使い放題ができます。回線速度でもスマホよりはモバイルルーターがまずまずのスペック。

スマホを通信回線がわりにしているなら、どんなときもWi-Fiの定額で縛り無しが気に入るはずです。

家でやるならやっぱり光回線。でも最近は光なのに遅いというゲーマーが増えてきてます。その原因はゲームの運営元ではなくて、回線じたいなのです。

ゲームサーバーではなくて、通信障害や混雑が多すぎる。PCゲームだとハイスペックでも回線が貧弱だったら勝てない。回線弱者は対戦ゲームで負ける運命なのです。

だから最大2GbpsのNURO光。高画質のパソコン用にはハイスペックな回線がおすすめ。

回線速度の目安

PCゲームの運営元は「ブロードバンド必須」という推奨環境を出しています。CPUやメモリやビデオカードでは推奨スペックを出すのですが、通信回線の基準を出していない。

でも通信速度は最低1~10Mbpsはないと、プレイがやりにくい。カクカクしていて瞬間移動したりフリーズ。これだとマルチプレイや対戦相手もひどく迷惑。

ブロックされた。フレンドから解除された。それは通信回線が原因だった!

つまり、パソコンでゲームするなら光回線がベスト。

仮想PCしたりスマホテザリングしていると、回線落ちしやすい。安定していないと、最悪セーブデータ破損して台無し。

光回線の通信速度の目安は200~900Mbps。

ほとんどのPCゲームの通信速度は1Mbpsでは遅い。最低環境でもプレイできますが、快適に動作はしないのです。推奨通信環境は10Mbps以上。Ping値でも低くて50ms以下が最低ライン。Ping値は20ms以下が推奨環境でしょう。

これだとスイスイダウンロードも速いし、対戦ゲームのFPSや格ゲーでも回線強者になれる。

オンラインゲームネトゲでの回線弱者強者

 

通信速度を上げる方法とは

スマホ通信から固定回線かモバイルルーター乗り換え。電波受信環境改善。無線Wi-Fiならルーターと端末を近くに置く。無線から有線接続にする。Wi-Fi中継機を使う。

重い理由とは

回線速度が遅い理由

パソコンを使うので、PC設定も重要ポイント。タブレットは非推奨だったり。Windows版ではネットワーク設定が必要なことも。

  • ビデオカード設定
  • ネットワーク設定
  • ルーター設定
  • ゲームソフトの設定

MTU値やDNSを変更する方法もあります。ただこれで解決したというのは「混雑がひどい時」。DNS設定などを手動カスタマイズすると、かえって不具合が出ることも。

PCゲームが重いのは、ネット回線とグラフィック関係と処理速度。ビジネスノートPCやiPadではスペックが足りないので重いのです。

スペックが足りているなら、やっぱり通信回線じたいが遅いかも?

調べた結果、フレッツ光系でのIPv6、v6プラスで改善する例もあるそうです。しかしこれもゲームソフトによっては対応しないから、かえってゲームができない・・・。

設定変更やv6のオプションは効果が不安定。ネット回線の乗り換えでも、解約金を安くしたりキャッシュバックで帳消しにしたりできる。

回線が重いのは自分では解決できない。だから解決したいなら回線を替えればいい。

ネット回線乗り換え比較
迷ったらこれで解決!
夜でも快適おすすめこちら
速さ
バランス
かんたんさ
ニューロひかり固定ネット回線有名NTTフレッツドコモ光人気モバイルワイマックスおすすめ
月4,743
~7,124円
月2,780~
5,200円
月2,170~
4,263円
ゲーム動画
トップレベル高速
エリア拡大中
キャッシュバック
フレッツ光から
乗り換えお得
v6で混雑回避
キャッシュバック
一人暮らし
賃貸は絶対コレ
手軽でらくらく
キャッシュバック

回線悪さ解決法

PCゲームのおすすめ回線

NURO光So-net

NURO光
NURO光のルーター端末
総合評価
★★★★☆
安さ
★★★☆☆
対応エリア
★★☆☆☆
ゲーム向き
★★★★★
月額利用料 4,743~7,124円
NURO光はゲームでもトップレベル。高画質動画でもサクサク見られて、余裕の2Gbps。ネトゲで通信を気にしないし、混雑やラグは出にくいという評判。もし開通できたらラッキーな回線強者の仲間入りです

NURO光はスペックの高さが一番の特徴。でも開通できる?対応エリアは?以前よりも対応エリアが広くなってきました。

パソコンから、スマホ、Switch、プレステなど他の回線も速くできる。固定回線があるとやっぱり快適。

PCゲームだと推奨は10Mbps以上。NURO光では平均しても200~500Mbpsだから十分すぎるほどのポテンシャルを持っているのです。

例えばPCのダウンロード版のソフト。5GBのソフトでもスピードアップ。今まで待たされていたのが、短時間でダウンロードができることになります。

>>NURO光詳しくはこちら

FPS

マインクラフトの設定画面

PUBG、荒野行動だったらPing値が大事。Ping値とはなに?これは応答が速いので、対戦やマルチプレイのときに大事なポイントです。

回線が重いというのはPing値が高い。FPSシューティングだと撃ち負ける。相手のほうがもっと速く動いて、弾を打つ回数でも多くなるわけです。

マイクラのようなFPSでは回線は関係ないと思いがち。でも実際は回線速度は2.4Mbps以上はないと動作が遅くなる。

画質設定、DirectXが悪い?オンラインしているときだけ重いなら、回線の遅さが問題。実際にプロバイダ規制は通知もなくやっているのが確実視されています。

FPSだったら、回線強者が勝てる。スマホでFPSなんて回線落ちするから勝てなくて当然だった・・・。

MMORPG

ゲームサーバーとプレーヤーの図

FF14やドラクエ10のようなMMORPGでは反応速度はあまり関係ないと思いがちです。

でも通信環境が極端に悪かったら、回線落ちしたりラグがひどくなる。カクつきで描画処理が飛ばされていて、見えにくい。

MMORPGでも通信速度の目安は1~10Mbps以上。1Mbps以下やスマホの通信制限128kbpsではとてもプレイできない。

アクションタイプのモンハンのようなゲームだともっと症状がひどくなる。ゲームプレイ進行じたいができなくて、遅さというより先に進まない。

マルチプレイの推奨目安は10Mbps以上。最低限プレイできるというのと、みんなでプレイできるのとでは違うのです。

「ラグいからパーティ組みたくない」
「ブロックしよう」

クエスト失敗の責任を取らされるわけです。

アクションゲーム

モンハンがモッサリ。みんなについていけないでおいてけぼり・・・。

はっきり言うと、他のプレーヤーから迷惑がられる。

「ラグいの勘弁してくれ」
「パーティ組みたくない」

アクションPCゲームではラグが出たらどうなる?敵とたたかう前に、自分自身との戦い。負けて当然。

アクションだから遅かったら不利。いつのまにか全滅。それが通信回線のトラブルや低速が原因。

Steamでも推奨環境が出ています。通信回線は?やっぱり1Mbps以下だとムリ。

黒い砂漠、機動戦士ガンダムオンラインなどでも1Mbps以上ではないとオンラインプレイは難しい。結局は共闘しているメンバーにも影響が出るから。

なぜか拒否されたりマッチングできない。それが回線速度だった!

格闘ゲーム

格闘ゲームとNURO光

もっとやばい。

格闘ゲームでオンライン対戦は一番シビア。プロゲーマーから言うと「ひかり回線でも遅い」。ガチゲーマーが納得する回線とはリアル対戦だった。

ストリートファイターや鉄拳などは1フレームでも早くしたい。フレッツ光系やCATVでは納得できない。ジェイコムのようなCATVははっきりと「格ゲーできない」と言われるくらい。

もっと良い回線にしないと、イライラしてコマンド入力やコンボも全然できない。それくらい、ネット対戦での回線は大事なポイントだった。

特にPC版だとハイスペックでないと、いろいろと重くなるのです。国内トップレベルの回線とはNURO光で間違いがない。

タイトルとURLをコピーしました